ビットコインの買い方

ビットコインの買い方について説明しますねー!

私自身、ビットコインを初めて買う時には本当にドキドキして

やり方が間違ってたらどうしよう!?って思いながら買ったんだけど

そんなにドキドキしながら買わなくてもよかったなぁーって買い方があったから

説明しておきます。

それは、最低単位で取引をして、

売買取引に慣れてから実践する、ってことです!ヾ(o´∀`o)ノ

ビットコインは、1BTC単位になっていて、

今の時点では1BTCがだいたい50万円。

・・・って言うと、

50万円なんてお金ないよムリ!!ヾ(○Д○||)ノ”

って、シャッターガラガラピシャーン!な人な人もいると思うけど

そういう早合点な人はやってはいけないのがビットコインだと思うのー(´∀`*)

そういう受け答えをする人は

そもそもビットコインなんてやりたくなくて

やらない理由や口実を探したくて仕方ないだけだと思うんだ。

だから、友達や家族に教えてあげる場合にも、

そういう反応をしてきた人のことは、ほっとくのが一番。

ビットコイン!?やってみたいと思ってたんだ!ヾ(o´∀`o)ノ

って、前向きにやりたいと思っている人たちと

楽しく、上がった下がったって話をするのがとても楽しいよー(´∀`*)

それで、ビットコインの買い方ね!

ビットフライヤーでは、現物取引、FX、先物取引があるけれど

初心者は必ず現物取引から入ろうね。

FXの経験がある人なら、FXからはじめてもいいけど、

FXやった経験がある人がこんな初心者のブログを読むとは思えない(´・ω・`)

ゆえに、今このブログを読んで、

ビットコインを始めてみよう!と思っている人は

必ず

現物取引から入ろうねっ(`・ω・´)キリッ

それで、買い方なんだけどね、

ビットコインは、1BTCが50万円だけど

もっと小さい単位で買えるのねー(´∀`*)

0.1BTCだったら、5万円、

0.01BTCだったら、5千円、

0.001BTCだったら500円ヾ(o´∀`o)ノ

500円以下からの取引もできるけど、

お金を増やしたいと思って始めるんだったら

500円からでいいでしょう?

まずは、そのお金を使ってビットコインを買ってみよう!

最初に使うお金は、練習にかかる費用だと思ってね。

なにか習い事をする時にも、最初はお金がかかるよね。

プールに行くなら水着とか

書道をやるなら習字セットとかにお金がかかるよね。

そのあと、続くか続かないかはその人次第だけど

水着やゴーグルを売ってお金に戻すことはしないんだろうし

習字セットだってそうだよね。

最初に使うお金は、練習用。

そう割り切って使ってみよう!ヾ(o´∀`o)ノ

ビットコインを買う方法は大きくわけて2つ。

販売所と、取引所。

販売所と取引所の違いは、

販売所が、ビットフライヤーの会社との取引。

取引所は、利用者同士の取引だよ。

そんなの、知らない人との取引よりも

会社と取引するほうがいいじゃん、って思うかもしれないけど、

販売所で買うと

高ぇだよ・・・(`O言O´) i||||||i

そして、売る時には

安く買い叩かれるだよ・・・(`O言O´) i||||||i

だから、販売所じゃなくて、

取引所を使うって覚えておいてね!(`・ω・´)キリッ

取引所は、シンプルな画面で取引ができる「簡単取引」と、

チャートなんかの詳細情報が見られる「ライトニング(bitflyer lightning)」があるよ。

とにかくビットコインを買って、

その後は半年くらい放置しておく派の人は簡単取引でいいと思う。(´∀`*)

チャートを見ながら買いたい人、

そのうちFXにも手を出したい人は

ビットフライヤーライトニングを選びましょう。ヾ(o´∀`o)ノ

今回は、ライトニングでの買い方をやるね。

ログイン後の画面の左サイドバーの「bitflyer lightning」をクリックすると

黒い画面に行くことができるよ。

lightningには、

現物取引と、FX、先物取引、イーサリアム、ビットコインキャッシュの取引所があるから、

間違えないように、上のバーを見て、自分がいる取引所を確認してねー(´∀`*)

BTC/JPY って書いてあるところが、日本円でビットコインを売買する現物取引の場所だよ。

ちなみに、右隣のBTC-FX/JPY(FX取引所)と、BTC/JPY-08SEP2017(先物取引所)は

利用規約に同意しなければ見ることが出来ないから、

気づかないうちに間違って利用していたー!Σ(゚д゚lll)

ってことはないと思う。(´▽`)

後日、FXの取引をやる場合には、

画面の色を現物取引とFX取引で変えることが出来るから

変更しておくと間違わなくていいと思う。

それで、ライトニング現物の画面から、

この部分を探し出してください。

1BTCが505001円の時に画面に入ったから

この価格が入力されています。

でも、この値段で買う必要はないから、

自分が買いたい値段に変更すればいいんだよ。

数量のボタンは、上の画面では

+0.001  +0.1  +1 になっているけれど

最初は、

+0.1  +1  +5 ってなっているはず。

設定画面から変更出来るけど、

ボタンを使わなくても手動で入力すればいいだけだから

今は変更方法については書かないよ。

ここで、ボタンか手動入力で数量に0.001と入力します。

これで、「505001円の時に、0.001BTCを」という指示になります。

現物の場合には、最初は「買い」しかできません。

だから、黄色い「買い」のボタンを押すと、

「505001円の時に、0.001BTCを買います」という注文になります。

シンプルに言えば、

これだけの簡単な手続きで、

ビットコインが買えてしまいますヾ(o´∀`o)ノ

でもね、その注文をしても、

ビットコインがすぐに買えているかどうかは別問題。(´・ω・`)

実は、さっきの注文画面の上のほうに、

「指値」「成行」「特殊」って書いてあるタブがあるのね。

今、開いているのは、指値のタブ。

指値というのは、

「その価格になったらこうしてね」という予約購入みたいなもの。

だから、自分が505001円になったら0.01BTCを買ってねと予約しても

価格が指定した金額よりも高い値段で取引をされている場合には

注文が通らないのね(´▽`)

わかりやすく言うと、

1万円のセーターがあった時に、

「5000円で1枚買うよ!」と、言っても、売ってもらえないでしょう?

でも、

じゃあ、5000円になったら1枚欲しいから予約お願いねー(´∀`*)

っていう、これが、指値!(`・ω・´)サシネッ

気を付けたほうがいいのは、

じゃあ、5000円になったら1枚欲しいから予約お願いねー(´∀`*)

って言った時に、

セーターが2000円になっていた場合・・・(`O言O´) i||||||i 

もちろん、セーターは買えるけど、おつりは来ないからねー(´∀`*)

今の価格がどうなっているかをよく考えて指値をしてね。

でも・・・

指値って難しいよ!よくわかんないよ!

とにかく今すぐ買いたいから、

なんでもいいから売っておくれよーー!\(。´□`・。\)

っていう人には

成行注文というのがありますのー(´∀`*)

さっきの画面の真ん中の「成行」タブを開くよ。

さっきとは違って、金額の枠が出てないんだよね。

0.1のボタンを押すか、手動で0.1と入力してみて・・・

「買い」のボタンを押すと、

その時の値段ですぐにビットコインが買えるよー!ヾ(o´∀`o)ノ

ビットコインの買い方、そんなに難しくないでしょう?(´∀`*)

でも、

1円でも損したくないから、

なるべく安くビットコインを買いたいよ!・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

っていう場合には、指値ができるようにチャートを読んで金額を入れましょう。

次は、そんな話を書くからね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする